思春期ニキビとはまた違う。大人ニキビは人によって対処法が変わります!

ニキビといえば学生や、若く思春期でホルモンバランスが乱れがちな人だけがなるようなイメージがありますがそうではありません。大人になってもニキビができやすい方ははっきり言って多いです。

今回は、気になる大人ニキビを緩和する方法についてご紹介していきたいと思います。

 洗顔と保湿

一般的にニキビの原因とされているのが、肌が汚れや余計な皮脂とされています。洗顔をする上で、肌の汚れを落とすことは絶対に必要なことですし、洗った後に顔を拭くタオルが汚れていても、洗顔をする意味がありませんよね。

かといって、ゴシゴシとあまりにも清潔を意識しすぎて力いっぱい洗うのはダメです!

疑問に思われたかもしれません。これはどういうことかというと、こすって洗うことによって、肌の角質層が痛んでしまうのです。

そうすると、肌に必要なうるおいが逃げていきやすくなってしまいます。

角質層が痛み、角質層が分厚くなり、毛穴に皮脂がつまっていくことによって、またニキビの原因となってしまうという悪循環から抜け出せなくなってしまう可能性があります。

それを防ぐためには、やさしく洗うようにすることが大切です。

また、ニキビ肌であっても保湿は必要ですから、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が入っているような美容液で潤いを補給すると良いでしょう。

ニキビ用の塗り薬は意味がない?

大人ニキビの原因は実にさまざまです。

若いころは皮脂の分泌が過剰なためにおこりがちなニキビも、大人になってからですと、たとえば社会生活でストレスがたまっているだとか、不規則な生活で睡眠が不足しがちだとか、ホルモンのバランスが崩れてニキビがでてしまうだとか、人によってその理由がまちまちになってきます。

ですから、一般的に市販されているニキビ用の塗り薬は、思春期の若い子などの皮脂が過剰な人用に作られていて、余分な脂分を取り除くような作用が期待できるものが多いので、ストレスなどが原因の大人のニキビには効かない可能性もあります。

硫黄が入ったものなどですと、殺菌効果は期待できるのですが肌が乾燥ぎみになることもありますので、大人で乾燥肌気味の方が使うと逆効果なこともあります。

自分のニキビは何が原因で出来ているのかきちんと見極めてから塗り薬なども選ぶようにすると良いでしょう。

ピーリングについて

大人になってからも、ホルモンバランスの不調で生理前などにニキビができてしまいがちな人、ストレス性のニキビなどが気になる人は、ピーリングをするのも一つの方法です。

たまった角質をはがす「ピーリング」は、肌の乱れたターンオーバーを促進し、綺麗にしてくれます。近頃は自宅でも簡単にできますので試してみても良いでしょう。

ただ、肌が弱い人はパッチテストなどをおこなって異常がないことを確かめてから週一回程度から始めてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする