オリジナルドリンクで薄毛の悩みを解消しましょう!

まだそんなに年も取っていないのに、シャンプーをするたびに抜け毛が毎日増えているような…?ドライヤーをするときにも抜けてしまわないか気になってしまい、朝はまくら元も…という方、いらっしゃると思います。

かといって、ドライヤーが悪い!と決めつけ、濡れた髪にケアをせず自然乾燥すればよいかというとそうでもありません。

濡れたままの髪は、枕の種類によって髪こすれやすくなり、キューティクルが痛みます。ですので、眠る前にはしっかりと乾かさなければなりません。

そもそも薄毛というと男性がお悩みのようなイメージもあるかもしれませんが、加齢とともに、ホルモンバランスが崩れることによって近頃は女性にも抜け毛で悩む方が増えているようです。

それでは、どのように対処すればいいのでしょうか?今回はそんな時にの対処法を教えます。

薄毛にはこの食材!

薄毛の主な原因と言えば、ストレスや血行不良などによって毛母細胞への栄養分が十分いきわたらないことと考えられています。

髪を育てるのに良い食材は、卵のほかにも、DHAがたっぷり含まれている、サバなどの青背の魚がです。毛根細胞付近の血流を良くし、新陳代謝を高めてくれます。

髪本来が持っているきちんとしたヘアサイクルも乱れることもなく薄毛が気にならなくなってくるでしょう。

オリジナルドリンクで髪に命を!

では、作り方をご紹介します。

材料

・ふたつきのビン

・アロエ 1本

・黒酢  350ml

・炒った黒ゴマ 30g~40g

・鷹の爪 2g

作り方

  • まずアロエを綺麗に洗います。皮の横のギザギザ部分を切り、皮をむいて透明の果肉を取り出します。
  • この果肉を1cmくらいの幅に切ります。
  • 切ったアロエ、上記の分量の黒酢、煎った黒ゴマ、たかのつめをビンに入れてふたをしめて一週間ほど冷蔵庫で保管します。
  • 一週間ほどおくと飲みごろです。上澄み液を毎日1回、時間を決めて飲むようにしましょう。

アロエは細胞分裂を助けてくれて発毛を促します。また、ゴマは亜鉛が豊富なので髪の毛が美しく成長するのをサポートしてくれるでしょう。酢には、酢酸やアミノ酸、アミン類などが豊富に含まれていますので成長ホルモンなどに欠かせない栄養素が豊富に含まれていますので、髪の毛にかかせません。

酢が入っていますのでちょっと飲みにくいと感じた方は、未成年の方はダメですがお酒やそして、ジュースに入れて、甘みを加えても良いでしょう。飲みやすくして毎日続けることができるように工夫してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.